印鑑登録について

●印鑑登録とは

 印鑑登録とは、各個人の印鑑を区市町村に登録しておくことです。登録した印鑑は「実印」となり「認印」と区別されます。個人が財産上の取引などをする際に、使用した印鑑が「実印」であることを証明するのが「印鑑登録証明書」で、大変重要な証書です。他人に悪用されると大きな損害を被ることもあり、不必要に登録することはむしろ事故につながる危険性があります。登録したら実印と印鑑登録証(カード)は、必ず別々の場所に保管してください。なお、住所区市町村から転出したときは自動的に登録は抹消されます。転出先で登録が必要な場合は、住所地の区市町村の窓口で新たに登録してください。

 

●印鑑登録をすることができる方

 区市町村内に在住し、住民基本台帳(住民票)に記載のある方(一人につき1個)。ただし、成年被後見人・15歳未満の方は登録できません。

 

●登録の手続き

 登録する本人又は代理人が印鑑を持って申請してください。本人・代理人に限らず、本人の意思の確認が必要となりますので、申請後、照会書を本人あてに郵送します。照会書の解答欄(回答書)に本人が必要事項を記入して、指定期限までに印鑑とともに申請した窓口へ本人が持参してください。これによって印鑑登録されます。また、代理人に依頼するときも、「委任状」が必要です。登録された方には「印鑑登録証」を交付します。

※委任状は「委任状状の例」を参考に、必ず登録する本人が全文(代理人住所・氏名・生年月日を含む)を作成し、押印してください。

 

●登録申請後すぐに証明書が必要な方

 申請者が本人であることを確認できる次のいずれか(有効期限内のもの)を申請者自身が持参してください。なお、代理人が申請する場合は、即日登録はできません。

①マイナンバーカード

②住民基本台帳カード(顔写真のあるもの)

③運転免許証

④パスポート

⑤在留カード・特別永住者証明書

⑥本人確認をしたうえで発行された官公署の許可証・身分証明書(写真付きでプレス印のあるもの、または写真を特殊加工してあるもの)

⑦都内で印鑑登録している人の保証書(印鑑登録申請書裏面の保証人欄に、保証人が自署および登録印を押印したもの、なお、区外の人が保証人であるときは、保証書の他に発行から3ヵ月以内の保証人の印鑑登録証明書が必要)

 

●登録できない印環

①住民票に記載されている氏名または氏・名を表していないもの

②職業・資格など指名以外の事項を表しているもの

③印影の大きさが一辺の長さ25mmの正方形に収まらないもの。一辺の長さ8mmの正方形より小さいもの。

④ゴム印など、印材の変化しやすいもの

⑤印影が不鮮明、または文字の判読ができないもの、流し込み、プレス印など同一形態で量産されているもの、印面が、破損しているもの、そのほか指輪など、区長が不適当と認めたもの

 

●届け出が必要なとき

①印鑑登録証を無くしたとき

②登録廃止、またはその印鑑を紛失などにより使用できなくなったとき

③印鑑登録証がひどく汚れたり傷がついたとき

 ②③の届には「印鑑登録証」をお持ちください。代理人の場合は「委任状」も必要です。

 

 

間違いやすい旧漢字

その他の漢字につきましても、わかりやすく明記してください。

なお、実印の場合は住民票の文字を彫刻します。